虫歯になってしまったら必ず歯医者に行こう

虫歯は、当然のことですが、自然に治ることは絶対にありません。



ですので、虫歯があるのに歯医者に行って、治療もせずに虫歯をそのままの状態にしてしまうと虫歯はどんどん進行していくので、虫歯の状態もどんどん悪化していくことになってしまいます。

そうなってくると虫歯による様々な症状が現れ始めます。


虫歯ができることによって、起こる症状としては、歯の痛みが代表的な症状ですが、痛みの他にも、口臭の原因となったり、頭痛や肩こりといった症状まで引き起こしてしまいます。虫歯の状態がさらに悪化してくると今度は、歯だけでなく虫歯の菌は、頭蓋骨の方にも進入してきてしまいます。


頭蓋骨の方に進入してしまった虫歯は、通常の虫歯治療では治すことができないので、虫歯が進入してしまった部分の頭蓋骨を削ることになってしまいます。

また、それでもまだ虫歯を放置してしまうと虫歯が原因となって、死に至る場合もあります。



最近の歯医者では、昔とは大きく違ってきています。



昔の虫歯治療というと歯を削る治療が主流になっていたので、痛みを感じると思っている人もいますが、最近では痛みを感じない治療を行っている歯医者が多くなってきています。
また、歯を削らなくても虫歯を治すことができるレーザー治療を取り入れている歯医者も多くあります。
ですので、虫歯治療の痛みなどが怖いという人は、無痛治療を行ってくれる歯医者に行けば、痛みを感じることなく虫歯を治してもらえます。