虫歯になったら必ず歯医者に行こう

虫歯になってしまっても、歯医者に行って治療を行わずに虫歯をそのままにしてしまう人がいます。



虫歯があるのにも関わらず歯医者にも行かないで、虫歯をそのままにしてしまうと虫歯の進行は、当然どんどん進んでいくことになります。



虫歯の進行が進めば、食事もできないほどの痛みに襲われることがあります。

その痛みを和らげようと市販の薬を飲んでも、痛みは治まるかもしれませんが、悪魔でも一時的に痛みが治まるだけなので、時間が経てば、また痛みを感じ始めてしまいます。


虫歯の進行がさらに進んで酷くなってくると痛みを感じなくなってきます。

痛みを感じなくなったからといって、虫歯が治ったわけではなく今まで、虫歯が原因で、感じていた痛みが治まったら歯の神経が死んでしまった可能性が高くなってしまいます。
歯の神経が死んでしまうと歯が脆くなってしまうので、ちょっとした衝撃を歯に受けただけで、歯が欠けてしまったり、折れたりしまう可能性が高くなります。

そして、またさらに虫歯の進行が進むと今度は、虫歯の菌が歯だけではなく顎の骨に進入してきます。

顎の骨に虫歯が進入してくると激しい痛みに襲われて、顔も痛みのせいで、腫れ上がってしまいます、顎の骨に進入してきた虫歯を治療するには、顎の骨を削る必要が出てきます。



そうなってくると顎の骨を削った影響で、顔の形が変わってしまうといった症状まで出てくるので、そうならないためにも虫歯になったら必ず歯医者に行くようにしましょう。